FLORENT DABADIE BLOG powered by ココログ

« October 2008 | トップページ

November 26, 2008

「フローラン・ダバディ・ブログ」終業のお知らせ。


平成20年11月26日を最後にこのブログが終業いたしました。
このサイトに関わった多くの方々へ感謝いたします。
ブログにおけるすべての活動がこれで終業させていただきます。
引き続き違う形でニフティとのコラボレーションを企画中です。
ブログの時期を経て、これから本業の制作に専念させていただきます。


2008 11 26 05:58 PM | 固定リンク | トラックバック

November 21, 2008

「Travance」今週のゲストはフランスが誇るグレートノースの冒険家、ニコラ・ヴァニエをお迎えします

東京FM、バカラが提供している番組「Travance」、今週のゲストは、30年間のキャリアを持つ冒険家で映画監督、そして作家でもあるニコラ・ヴァニエさんをお迎えします。
シベリア、カナダのグレートノース、アラスカなど、北極を舞台にした数々の写真集や小説、ドキュメンタリーを制作されたヴァニエさん。最近は、その活躍によってフランス政府の教育省の大使になって、学校の中の「環境問題」とその教育プログラムを考えて、進化させています。

http://www.nicolasvanier.com/

大自然との出会いや冒険家として世界中の長いキャリア、
環境問題など、2週間に渡ってニコラ・ヴァニエさんと旅をしていきます。

Vignette_dernier_trappeur

11月22日、20時30分にOA。

2008 11 21 09:28 AM | 固定リンク | トラックバック

November 14, 2008

今週もゲストはインターネット版シティ・カルチャー・マガジン「Real Tokyo」の編集長である小崎哲也さんです

バカラ、そして東京FMの番組「Travance」今週のゲストは先週に引き続きインターネット版シティ・カルチャー・マガジン「Real Tokyo」の編集長である小崎哲哉さんです。
http://www.realtokyo.co.jp/

東京をテーマにするこの2週間。これからこの大都市がどう変化するのでしょうか。先週は小崎さんが編集長である「Real Tokyo」というインターネット版シティ・カルチャー・マガジンに注目しましたが、今週は東京の今とこれからの将来、この大都市の発展の可能性を考えます。


Pic01

21世紀のこれから「世界一面白い街東京」という実現があるのか。
そのためになにをすればいいのでしょうか。
土曜日の夜、8時30分にOA。

2008 11 14 09:15 AM | 固定リンク | トラックバック

November 11, 2008

「パレスチナが史上初のホーム・ゲーム」 世界中の新聞が報道したあの瞬間 レビューです


パレスチナがまだ国家がないのかもしれませんが、サッカーを通じて自分の誇りを表現する方法を見つけたようです。先週の日曜日にヨルダン川西岸地区に存在する唯一のFIFA公認スタジアムで国際試合を開催しました。西岸地区のエルサレム郊外に位置する「ラム・スタジアム」はFIFAや他の贈与者によって修築された初の公認スタジアム。
ヨルダンとの親善試合で6千人の観衆が入って、試合がキックオフして間もなくパレスチナのフォーワードが得点をするとその観衆が大声を上げます。試合自体は結局1−1のドローで終わりました。

「パレスチナ代表が自分のスタジアムで試合をプレーする夢をずっともっていました。その夢を果たすために今日がやってきました」、「歴史的(な日)」とFIFAのブラッター会長がコメント。
「パレスチナがスポーツの国際舞台入りをした」と30才のファンもコメントしました。
FIFAに加盟している207のメンバーの内(すべてのメンバーは必ずしも国連が認めている国ではありません)パレスチナの現ランキングが180位、2年前に115位まで上がりました。
この歴史的な日ではスタジアムにやってきたパレスチナ人が何年間のイスラエル占領や西岸地区の分裂、毎日の苦悩をちょっとだけ置いておくチャンスが与えられました。
パレスチナ暫定自治政府のファイヤード総理大臣が「(パレスチナ人の間のさらなる)連帯の兆候、(この試合は)苦悩の時期にパレスチナ国民への連帯のメッセージ」と言いました。

イスラエル・サッカー協会のスポークスマンがイスラエル代表はすぐこの「ラム・スタジアム」で親善試合を行う予定はないとコメントしつつ、去年イスラエルとパレスチナの選手を組み合わせたチームがレアル・マドリードと試合をしたと強調しました。「過去も今も、サッカーが人間の間の駆け足になれる機会や計画があればチャンスを与えましたし、これからもやります」と加わりました。

ところで、パレスチナ・サッカーのボスは西岸地区の元セキュリティ・チーフ。ジブリル・ラジュブが政治の世界から離れてスポーツで新たなキャリアを始めました。
彼の主な成功は2000年から止まっていたリーグの再スタートでした。いくつかのプライベート・スポンサーを説得して、サウジ・アラビアのテレビ局がちょっとだけ試合を放送する契約も結びました


6千人収容のラム・スタジアムはイスラエルと西岸地区のバリア(壁)に近い。パレスチナ代表は前から存在していましたが、ホーム・ゲームをヨルダンやカタールで行われました。今回はエルサレムや西岸地区、ガザ地区からの選手を選出するためにイスラエルからビザが発行されて、チリからの選手も集めてチームを組みましたようです。


ソース (インターネット、「International Herald Tribune」、フジテレビ「すぽると!World Sport」)

374pxiswbgsgh_v3_2

(パレスチナ自治区にあたる地域
WEST BANKが西岸地区、GAZAはガザ地区
「ラム・スタジアム」はエルサレムの近く、西岸地区です)

2008 11 11 07:05 PM | 固定リンク | トラックバック

November 08, 2008

「Travance」今週のゲストはインターネット版シティ・カルチャー・マガジン「Real Tokyo」の編集長である小崎哲哉さんです

バカラ、そして東京FMの番組「Travance」今週のゲストはインターネット版シティ・カルチャー・マガジン「Real Tokyo」の編集長である小崎哲哉さんです。

外国の方々が時によって抱くいつものステレオタイプから遠く、「Real Tokyo」というサイトは東京の本格的な文化情報を日本語と英語で届きます。従って日本人はもちろん、東京について知りたい外国の方々にも東京人による本格的な東京シーンの情報を与えます。
舞台、映画、音楽、アート、文化のオール・ジャンルでマスメディアと違う情報がいっぱい。

http://www.realtokyo.co.jp/

2週間に渡って、小崎哲哉編集長と一緒に東京という大都市のエンターテインメント、文化、今とこれからのこの大都市の将来にも迫ります。

800pxsakuraintokyo_2

土曜日、20時半にOA。

2008 11 08 12:29 PM | 固定リンク | トラックバック